★★1/2

野球少女

監督:チェ・ユンテ 最初は彼女に全く共感できなかった。さすがに現実受け入れろよと思った。今の時代に媚を売るような差別だの平等だのが見えてきて、ちょっと好きになれなかった。でも終わってみれば、少しだけその力強い意思は評価したいと思った。ただ主…

一度も撃ってません

監督:阪本順治 まず石橋蓮司を主役にした映画をこの時代に作ったことが凄い。また出てくる役者がベテランばかりで、いい意味でよくこんな古臭い映画作ったよ。まるで劇中の石橋蓮司の小説がこの作品自体って感じの地味なハードボイルドで、映画としてはそれ…

怪怪怪怪物!

監督:ギデンズ・コー ちょっと「デッドガール」を思い出した。怪物もガキ共も一体何と闘っているのか。怪物だからって拷問してもいいものなのか。まあ結局みんな怪物って話。しかしなんで燃えるんだ。。。

ブレイク・タウン

監督:ヨーク・アレック・シャクルトン 田舎の寂れた雰囲気やバイカーの強盗などB級な味わいは嫌いじゃない。もう少し面白くなりそうな要素はあったんだけど、結局つまんない凡作で終わってしまった。あのデヴォン・サワがすっかりおっさんになっていて驚い…

14の夜

監督:足立紳 いわゆる童貞コメディ。当時の風俗とかをそれなりに取り入れているはずなのに、どうも形だけって感じで、あまり80年代の空気が出せてないので、イマイチ響かず。また主人公にさほど魅力もなく、悪友たちも平凡でパンチがないので、面白さが出て…

Xing クロッシング

監督:ナチョ・ルイペレス 眠かったせいもあってか、全然内容が入ってこなかった。そもそもこれはどういう話なのか。どうやらミステリーのようだが、イマイチはっきりしない。回想やら名前やら人間関係やらが分かり辛い。結局どういう話だったのか最後までよ…

僕のワンダフル・ジャーニー

監督:ゲイル・マンキューソ 「僕のワンダフル・ライフ」の続編。犬が何度も生まれ変わって、別の犬となって、飼い主の孫娘の少女に会いに行く。毎回少女の近くに生まれ変わるとか野暮なことは言わない。映画としてはどうってことないが、犬だけで映画は成立…

きみの瞳が問いかけている

監督:三木孝浩 韓国映画「ただ君だけ」のリメイク。オリジナルは全く知らないが、まあいかにも韓国って感じの話の展開。巧いというよりあざといといった方がいい。三木孝浩だから安定した出来ではあるが、リメイクするほどの作品かねえ。。。吉高由里子と横…

銭形平次

監督:山内鉄也 67年版。なんかテレビドラマみたいで普通。大川橋蔵の平次はよかったとは思うよ。小池朝雄はいかにもな役で、このぐらいの小物感が丁度いい。

海底47m 古代マヤの死の迷宮

監督:ヨハネス・ロバーツ シリーズ第2弾。4人の女子高生が鮫に襲われるってだけの普通のジョーズ映画。前作の方がよかった気がする。。。パワーダウンの駄目な続編。

カセットテープ・ダイアリーズ

監督:グリンダ・チャーダ 80年代の青春映画。80年代といっても、やっぱりイギリスだとちょっと違う。個人的にはもっとダサいぐらいのコテコテの80年代を見たかった。それとブルース・スプリングスティーンへの愛に溢れているが、スプリングスティーンにそこ…

丹下左膳 飛燕居合斬り

監督:五社英雄 中村錦之助が丹下左膳に扮した時代劇。こけ猿の壺をめぐる争奪戦。なんか普通につまんない。そもそもの丹下左膳に魅力を感じない。そして敵もぱっとしない。話も別に面白くないし、終盤も盛り上がりがなく終了。随分と平凡な時代劇だった。

銃2020

監督:武正晴 つまんね。話もよく分からんし、そもそも内容なんてもうどうでもいい。脇役たちが無駄に豪華。わざわざ一瞬だけ出てきて、こういう無駄な使い方好きじゃない。折角日南響子のエロい体があるんだったら、いっそのことエロい方面の映画にしたほう…

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

監督:ジョー・タルボット うーん、これはイマイチハマらなかった。黒人二人がダラダラしてるだけで、正直あまり中身がない。内容の割には長い。昔は日系人がたくさん住んでたらしい。皆、強制収容所に送られてしまったが。黒人より追い出された日系人の方が…

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

監督:ジャスティン・ケリー 実話を映画化ということだが、もっと面白くできそうなネタなのに、キャラクターも面白味がないし、バレそうになるかならないかのサスペンスもない。遊びで始めたら売れちゃったってことか。クリステン・スチュワートはどうもやる…

ある女優の不在

監督:ジャファル・パナヒ どことなく不穏な空気があり、その辺のミステリーを期待したんだけど、そうでもなかった。自殺動画の差出人探しがイランという国により、どこか不思議なテイストにはなっている。イランの田舎の文化や風習などは見えてきたが、映画…

おらおらでひとりいぐも

監督:沖田修一 この監督、老人映画よく撮るね。田中裕子劇場で、彼女への監督のラブレターのように思えた。一人暮らしの老人の人生を振り返る。いろいろと心の声の擬人化みたいなこともやって趣向をこらしてはいるが、ちょっと長いし、そこまで興味のある生…

丹下左膳

監督:マキノ雅弘 うーんなんか微妙。台詞が聞き取り辛い。ゆえにあまり内容が入ってこない。丹下左膳のキャラがもっとヒーローかと思ったら、むしろ悪役みたいな立ち位置だし、大河内伝次郎の豪快な演技も馴染めなかった。ラストも中途半端で、無理やり終わ…

思い、思われ、ふり、ふられ

監督:黒柳トシマサ アニメ版。なんかキャラデザとか雰囲気が京アニっぽかった。アニメと実写を比較すると個人的には実写の方に軍配が上がる。あっちの方がまとまっていたし、濃かった。アニメは若干軽いというか。でも両方観ると細かな違いや、観る順番によ…

思い、思われ、ふり、ふられ

監督:三木孝浩 悪くはないけど、そこまで深みのある青春ではなかったかな。男女4人の絡まった関係性。解きほぐし、各々解放されるまで。4人の厚い友情にも尊さがあった。北村匠海は売れっ子だねえ。浜辺美波は華奢なとこが苦手ではあるが、どこか不思議な存…

刺青 堕ちた女郎蜘蛛

監督:瀬々敬久 原作谷崎潤一郎。監督が瀬々、脚本が井土紀州だから観た。もう原作関係なくなってる。井土紀州脚本だから結構期待したんだけど、全く持ち味も発揮されず平凡。折角だからもっとエロくてもよかったが、そっち方面でも中途半端。つまらん。。。

ざわざわ下北沢

監督:市川準 下北沢をダラダラ撮った映画。2000年の頃の下北沢の風景やどこか懐かしい雰囲気は感じることができた。そして沢山の豪華な脇役たち。フジ子・ヘミングは独特な存在感。

ゴブリンスレイヤー GOBLIN'S CROWN

監督:尾崎隆晴 TVアニメの劇場版。ゴブリンスレイヤーといえば凌辱である。今作も健在であった。。。まあ可もなく不可もない、いつものゴブリン退治。1時間の追加エピソード程度の内容。

NO SMOKING

監督:佐渡岳利 細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー。やっぱりYMO時代の話や映像は興味を引いた。仲悪い?と思ってた3人の再会にはちょっと感慨深いものがあった。ただ細野晴臣ひとりだとやや地味というか。そして腹話術の人形みたいだった。。。し…

麻薬売春Gメン

監督:高桑信 こういう映画が作られるということは、70年代は普通にドラッグが蔓延していたのかな。この映画全体のムードとか音楽はいい。千葉真一もカッコイイ。裸も多め。中村敦夫の殺し屋も変な個性は出ていた。千葉との長めのにらみ合いも面白かった。

弱虫ペダル

監督:三木康一郎 アニメ版は結構好き。で実写版だが、それなりに健闘といったとこか。出演者たちがガチで自転車に向き合っているのは好感。ただ長い原作を2時間に収めるのは結構大変。要所は押さえて悪くはなかったが、どうしても無理が出てしまう。これだ…

監督:瀬々敬久 予想以上に微妙だった。中島みゆきの「糸」をモチーフにしてるそうだが、エピソードが雑だし、キャバクラとかシンガポールとかどこかチャライ。平成を駆け抜けたカップルというと「弥生、三月-君を愛した30年-」という似た様な構成の映画があ…

宇宙でいちばんあかるい屋根

監督:藤井道人 現実的な話かと思ったら、結構ファンタジー色ある作品だった。展開もありがちで、正直さほど驚きはなかった。若手期待の清原果耶とベテラン桃井かおりの新旧のこういう組み合わせはいいと思う。伊藤健太郎のバイク事故は今観ると何かを予見し…

今宵、212号室で

監督:クリストフ・オノレ 浮気した妻が夫にバレて喧嘩してホテルに逃げたら、昔の夫や元カレたちが昔の姿のまま現れ、さあ大変な一夜のファンタジー。ウディ・アレン辺りがやりそうなネタだけど、アレンならもっとうまくやる。おフランスだからか、どうも真…

あいあい傘

監督:宅間孝行 監督自身の舞台劇を映画化。もう初めからどういう話になるのかは分かっている。すれ違いを繰り返し、最後に親子が再会。まあ肩もみ券は泣けるけどさあ。人情物なんだけど、ちょっとキャストがうるさいかな。ロケ地はよかった。ただなんとなく…