ヒトラーを欺いた黄色い星

監督:クラウス・レーフレ

第二次大戦で生き延びた4人のユダヤ人たちの実話を基に再現した映画。証言するドキュメンタリー部分と再現ドラマが融合した趣向は悪くない。ただエピソード的にありふれたものばかりで、これといったインパクトに欠ける。どっかで見たようなものばかりで、真面目で誠実な作品ではあるが、強く印象に残るものはなかった。タイトルがイマイチ内容と一致してないようだが。。。