★★★

薬の神じゃない!

監督:ウェン・ムーイエ 中国で実際にあった事件をモチーフにしてる。正義とは何か。法を守ることか。違法だけど、救われる命がある場合は。答えはないが、少なくてもこの薬で救われた人達にとっては、主人公の行為は正しかったのではないか。何かが起きなけ…

ザ・ハント

監督:クレイグ・ゾベル よくあるサバイバルゲーム系なんだけど、どこかとぼけていて、ブラックな笑いに満ちている。監督が「コンプライアンス 服従の心理」の人と聞いてなんか納得。意地悪なんだよね作りが。バカバカしくもあるが、最後まで十分楽しめた。

八月十五日の動乱

監督:小林恒夫 もうひとつの「日本のいちばん長い日」。広島原爆から玉音放送までの激動の数日間を描く。終戦前夜、日本で何が行われていたのか。玉音放送のレコード盤の放送を阻止しようと、クーデターを起こし、最後の抵抗をした陸軍。いろんな思いはある…

竜とそばかすの姫

監督:細田守 中村佳穂の歌や音楽は素晴らしい。そこが下手だと根本から崩れる。仮想空間Uのビジュアルなどもよかった。田舎と電脳空間という対比も悪くない。とまあとても順調だったんだけど、竜が出てきてからちょっとつまんなくなった。話が強引すぎて、…

リトル・ジョー

監督:ジェシカ・ハウスナー 植物vs人間。花粉で人間を乗っ取り、種を守らせようとする。中々変わった作品で、結構楽しめた。日本的要素も多く、音楽とか和風で、これも奇妙な味わいにはなっている。もっとあざといぐらいのホラーでもよかったが、静かに浸…

スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 「最強のふたり」の監督コンビだから、もっとエンタメ系かと思ったら、かなりドキュメント風で、自閉症の子どもたちを支援する団体の苦闘を描いている。最初そのいかにもフランス映画な真面目さがやや退屈に…

ルース・エドガー

監督:ジュリアス・オナー 話がどこに向かっているのか。移民や黒人、女性差別など多くのテーマが隠されていて、終始不安な空気に包まれている。そして黒人同士の対立が結構新しいと思った。そこにつっこんでいるのはめずらしい。周囲からの期待とそれに応え…

パーム・スプリングス

監督:マックス・バーバコウ 同じ一日を繰り返す「恋はデジャブ」系のタイムループ物のラブコメ。そこまで新味はなかったけど、中々楽しめた。なんかキャストが妙に安っぽい感じだけど、そのB級感がいいのかも。缶ビールが印象に残った。ラストのJ・K・シ…

罪の声

監督:土井裕泰 グリコ森永事件を基にしたフィクション。事件は未解決だが、真相を創作。この事件、脅迫テープに子供の声が使われていたことにより、この子供たちは今何してんだろうという、そこに目をつけたことが素晴らしい。ただ着想はいいのだが、正直そ…

ウルフズ・コール

監督:アントナン・ボードリー フランスの豪華スターを集めた潜水艦映画。潜水艦での水中の音を聞き分ける特殊分析官を主人公にしてるとこはいい。潜水艦という密室で、閉鎖された空間では、一度大統領命令が出たら絶対であり、忠実に守らなければならない。…

喜劇 愛妻物語

監督:足立紳 この映画の監督・脚本である足立紳の自伝的小説を自ら映画化。てことは濱田岳が監督自身であり、水川あさみが奥さんってことか。奥さんはこれを見てどう思うんだろう。まあ水川あさみだから、許されるだろうが、大久保佳代子が奥さん役だったら…

お名前はアドルフ?

監督:ゼーンケ・ヴォルトマン イタリア映画「おとなの事情」に何となく似てた。人が集まり、些細な事で喧嘩に発展して、それぞれの秘密が暴かれるってのは同じパターン。ドイツでアドルフはそこまでタブーなのか。まあ確かにイジメとかにはなりそうな気はす…

mid90s ミッドナインティーズ

監督:ジョナ・ヒル ジョナ・ヒルの半自伝的物語で監督デビュー作。終始ジョナ・ヒルの顔が思い浮かび、こんな少年時代だったんだなあという目線で観てた。正直そこまでノスタルジーには浸れなかったが、スケボーやらタートルズやらストⅡなど、90年代の香り…

WAVES/ウェイブス

監督:トレイ・エドワード・シュルツ ちょっと映像や雰囲気が「ムーンライト」を思わせた。2部構成で黒人兄妹の事件と家族の物語。前半は兄が殺人事件を起こす訳だが、全く共感できない。この兄があまりにガキすぎる。そして後半は妹が主役に切り替わり、加…

浅田家!

監督:中野量太 なんだか全体的にちぐはぐに思えた。こなれてるようでこなれてない。この監督の家族へのこだわりは感じられた。コスプレ家族から震災への移行は別に悪くはない。風吹ジュンの可愛さが妙に印象に残った。あの歳なのに。。。二宮和也は童顔すぎ…

アイ・アム・タレント

監督:ナタリー・ジョンズ 南アフリカでホームレスのような生活をしていたスケボー少年タレントのドキュメンタリー。正直そこまで大きなドラマがある訳ではない。この少年がもっと大成すれば映画として価値はあったんだけど、どうも長く追ってた割には普通で…

ディック・ロングはなぜ死んだのか?

監督:ダニエル・シャイナート 「スイス・アーミー・マン」の監督か。どうりで変なわけだ。でもかなり楽しめた。タイトル通り、ディック・ロングはなぜ死んだのか?で最後まで引っ張る。そして何ともしょーもない事件。このオフビートな笑いと斜め上な結末嫌…

地獄の波止場

監督:小杉勇 「シンプル・プラン」みたいな話。主演の小杉勇が監督もやっている。苦悩する爺さんで味がある芝居。北林谷栄の鬱陶しい存在感も流石。大金を持ち去った機関士の老人が、返したい、でも返せないと雁字搦めになる話。モノクロで50年代の寂れた…

フェアウェル

監督:ルル・ワン 思った以上に普通だった。祖母がガンであることを周りが隠すというのも別にありふれた話。アメリカでは称賛されたようだが、アメリカで中国やってみましたってとこが物珍しかっただけじゃないかなあ。これを中国人たちはどう見てんだろう。…

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

監督:フランシス・アナン アパルトヘイトなどの背景もあるが、基本刑務所脱出劇。一応実話ということだが、ほんまかいな。そんな簡単に鍵なんて作れるもんかねえ。イアン・ハート久しぶりに見た気がする。。。

まともじゃないのは君も一緒

監督:前田弘二 人間みんな普通じゃない。でもみな普通になろうとする。そうしなけりゃ社会は成り立たないから。でも普通ってなんだろう。。。話にあまりリアリティがないのが気になったが、ふたりの掛け合いはまあまあ面白かった。成田凌はキモかったけど、…

その手に触れるまで

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ さすがダルデンヌ兄弟。これはカルト宗教と何が違うんだ。イスラム教はよく知らんが、どんな理由であれ、殺人を容認するような宗教があっていいのか。キスよりも殺人の方が罪が軽いのか。あそこま…

バクラウ 地図から消された村

監督:クレーベル・メンドンサ・フィーリョ、ジュリアーノ・ドルネリス 円盤が出てきたり、村人が突然殺されたりとこれは一体どういう映画なんだと思ったけど、変な映画には違いないが、そこまでぶっ飛んだ映画ではなかった。個人的にはもっと壊れててもよか…

夢の女

監督:坂東玉三郎 モノクロの映像美は見物。でも内容は明治時代のおいらんのよくある他愛もない話。設定的に吉永小百合は20歳ぐらいで、さすがに無理がある。カラーだと厳しいからモノクロにしたのかなと意地悪な見方も。まあそれでも綺麗だったけどね。樹…

ジョーンの秘密

監督:トレヴァー・ナン イギリスで起こった実際の事件を基にしている。スパイ容疑で逮捕された老女の回想形式で、彼女の過去の秘密が暴かれる。日本人としては原爆開発にちょっと怒りも憶えるが、彼女の知識の均等には理解も。祖国よりも世界平和を目指した…

Girl/ガール

監督:ルーカス・ドン 彼女の苦しみがひしひしと伝わってくる。なんとも言いようがない苦しみが。それは具体的ないじめとかもあるが、それ以上に周りが気を使ってる感じとか、どうにも上手くいかない現実とか。LGBTであることを隠してる苦しみもあるが、今作…

パブリック 図書館の奇跡

監督:エミリオ・エステヴェス そこまで面白いわけではないが、問題提起はしてるし、何よりE・エステヴェスがなぜこんなテーマの映画を撮ったのかが興味深い。ラストの裸がやりたかっただけかなという思いも。寒さから逃れるために、ホームレスに図書館を解…

堕天使のパスポート

監督:スティーヴン・フリアーズ 昔少しだけ観たが、挫折したので再挑戦。移民と臓器売買。生活のために臓器を売る人、生きるために臓器がほしい人、それを利用してビジネスする人、命の価値が低く見られる移民の現状は映しているが、問題提起ってよりはエン…

アス

監督:ジョーダン・ピール ドッペルゲンガー物。地下にもうひとりの自分がいるという話の構造は悪くない。「I GOT 5 ON IT」など音楽もよく、演出にも確かなセンスが感じられた。そしてちょっとだけ「パラサイト」を連想した。ただ面白かったかというと、そ…

星の子

監督:大森立嗣 ある意味宗教の怖さ。間違っていても、その間違いを受け入れられない。でもこういう家庭で育つと親を信じるしかない。おかしな気はする、でも親を裏切れないみたいな。この宗教を批判するでもなく、肯定するでもない、この距離感がそんなに悪…